E線

ワーシャル / アンバーE =ループエンド=
ワーシャル / アンバーE =ループエンド=
アンバー “E” - 革命的な発明 この100年ほどの歴史の中で金属線のE線に目立った変化というものがなかったことにお気づきかもしれません。 E線はスチールのワイヤーそのまま、あるいは金属のメッキが施されています。しかしながらE線が孕んでいる問題の解決には至っていません。つまり縦方向の柔軟性が非常に低いということです。 この剛性のためにE線がシンセティック弦或いはガット弦のA線・D線・G線とは音色が異なってしまうこととなります。多かれ少なかれ金属的な音色を伴い、時にはかすれてしまったり裏返ってしまったりしてしまいます。 ワーシャルでは独自の解決策を見出し、最大限の柔軟性をE線に持たせることが出来ました。 これこそがアンバー”E”の特色で、シンセティック弦或いはガット弦と完璧に溶け合うシルキーな音色でありながらも高いレゾナントを併せ持っている事につながります。 またアンバー”E”のサウンドはダブル・ストップでもウォームさを保ちます。裏返りはしっかりと解消されています。 主な特徴 ・広いダイナミック・レンジ。不快な金属音は抑えられ、弓圧・弦の振動は高質な音色に変えられます ・シンセティック弦或いはガット弦を芯とするA線・D線・G線との高い調和性。特殊なスチール線でありながらも金属的なエッジは抑えられています ・低テンション。テンションが低い事から生み出される味わいのある音色成分 ・高いチューニング性。高い柔軟性のため、アジャスター又はペグによるチューニングが容易 ・左手指のタッチはよりソフトで発音性も高くなります。多くのE線のように抑えすぎるとピッチが変わるという事はありません ・裏返らない ※アンバー “E”を張ると"コイル状の部分"は伸びるようになっていますので、一般的なE線と同様に扱っていただけます。 ※アンバー “E”に取り付けられている付属のビニール・チューブがご不要な場合は、カッターナイフ等で切り離してください。 ご注文の際に”ビニール・チューブ切り離し希望”とお伝えいただければ切り離した状態でお渡しできます(配送の場合も同様です) ※参考画像はボールエンドですが、こちらはループエンドになります。
¥ 1,620
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割 1-27-48
TEL: 080-5080-5826